英語のディクテーションはやり方次第で効果抜群!

英語のディクテーションはやり方次第で効果抜群! リスニング
悩み人
悩み人

ディクテーションという勉強法が、英語のリスニングに効果あると聞いたのですが、やり方を知りたいです。

英語のディクテーションはやり方次第で効果抜群です。

私はディクテーションとシャドーイングを組み合わせたおかげで、英語のリスニングが大幅に上達しました。具体的にはTOEICのリスニングパートが3か月で300点から440点まであがりました。

英語のディクテーションはやり方次第で効果抜群!

そのおかげで仕事でも問題ないレベルの英会話力を身に着けることができました。

今回の記事では、効果的な英語のディクテーションのやり方をお伝えしていきます。

この記事を最後まで読むと、あなたもリスニング上達間違いなし!

ててお
ててお

ディクテーションとは?

英語のディクテーションはやり方次第で効果抜群!

英語のディクテーションとは、耳で聴いた英語をノートへ書き取る練習のことです。

リスニング上達に効果的な勉強方法ですが、やり方としてノートに書き取るので、単語のスペルの勉強にもなります。(意外と当たり前の英語も書き取れないことがある)

参考までに、ディクテーションの英語スペルは「dictation」で名詞です。意味は「書き取り、口述、書き取ったもの」で、動詞は「dictate(口述する、書き取らせる)」という意味になります。

このディクテーションですが、30代になるまで知らなかった私。やってみると書き取る勉強方法なので、手が疲れるし、時間もかかります。結構大変なのですが、そんなことがちっぽけなくらい有能な勉強方法です。

それでは早速、ディクテーションの効果を説明しつつ、私の体験をもとに、効果的なやり方もお伝えします。最後には、おすすめ教材も2冊紹介していますので、ぜひ、どちらかでディクテーションの勉強を始めてください!

ディクテーションの効果

英語のディクテーションはやり方次第で効果抜群!

ここでは、ディクテーションの効果を2つ紹介します。

自分がどの英単語で聞き取れていないかが明確になる

英語のディクテーションとは、耳で聴いた英語をノートへ一字一句すべて書き取る練習のことです。つまり聞き取れなかった単語は、ノートの上では空白になります。

英会話やTOEICでは、話の大枠(大意)を理解していけば問題はないのですが、リスニングをさらに上達させるために、ディクテーションをすることで、自分の弱点を明確に知りましょう。

推測する能力がアップする

聞き取れなかった単語 = ノートでは空白になると言いました。

全く聞き取れないパターンもありますが、おぼろげに聞こえるパターンもあります。この時、空白部分が文法上で、主語や動詞だったりとわかる場合もあります。そうすると意味も含めて推測することで、文がつながることもあります。

このような文章推測力も英語のディクテーションでは力がつきます。

ディクテーションの効果的なやり方

英語のディクテーションはやり方次第で効果抜群!

英語のディクテーションとは何かを理解しました。効果も理解しました。

では、「実際にディクテーションの勉強を取り入れようと思うけど、効果的なやり方を教えておくれ」となりますよね。責任もってお伝えします。

自分に合う教材を選ぶこと

まずは教材選びです。最後におすすめする教材を2冊紹介していますが、ポイントは2つです。

知らない単語が少ないこと

知らない単語が多いと、そもそも聞き取れません。さらには単語を調べる時間も取られます。これでは、ディクテーションの勉強をしているのか、単語の勉強をしているのかわからなくなります。効果的なやり方ではないですね。

1つの問題が1分から1分半でまとまっていること

実際にディクテーションの勉強を始めたら、すぐに気づきますが、書き取る勉強方法なので、手が疲れるし、時間もかかります。おすすめな分量は、1つの問題が1分から1分半でまとまっている教材です。

なぜ聞き取れなかったかを理解すること

ディクテーション勉強のいいところは、自分が聞き取れなかった単語が明確にわかることです。

英語を聞いたとき、「会話の内容や言いたいことは、おおよそ理解できた」という経験がありませんか?

だいたい理解できちゃうと、一部の聞き取れなかった部分については「まぁ、いいか」と見て見ぬふりをしてしまいます。

ディクテーションでは、徹底的に全文を全集中で聞き・書き取り、何が自分として聞き取れなかったを明確にします。何回も聴きなおして良いです。限界まで聴いてください。限界を超えたら答え合わせしましょう。

そして、その聞き取れなかった単語をチェックしながら、聞き取れなかった原因を追究しましょう。
・音の強弱なのか?
・連結なのか?
・単語が知らなかったのか?

さらに、それを理解したうえで、シャドーイングを行いましょう。発音の方法やリズムを実際に発音することにより、身体で覚えて弱点を1つずつ潰していきます。

地道な努力ですが、リスニング上達にはめっちゃ有能な勉強です。

必ずシャドーイングもセットで行うこと

突然シャドーイングという言葉が出てきましたが、シャドーイングを知らない方は、下記の記事を読んでみてください。一言でいうと、英語を聞きながら、少しだけ遅れて音をマネして発音する英語勉強法です。

英語のシャドーイングはやり方次第で効果抜群!
効果的な英語のシャドーイングのやり方をお伝えしていきます。私の例になりますが、シャドーイングのおかげで、英語のリスニングが大幅に上達しました。具体的にはTOEICのリスニングパートが3か月で300点から440点まであがり、そのおかげで仕事でも問題ないレベルの英会話力を身に着けることができました。

英語のディクテーションの重要性を伝えてきましたが、必ずシャドーイングもセットで行いましょう。特に聞き取れなかったところは集中して、シャドーイングをおこなってください。

先ほどの項目で説明した通り、聞き取れなかった原因を追究し、それを理解したうえで、発音の方法やリズムを覚えて弱点を1つずつ潰していきます。

そのためにはシャドーイングも超重要です。

ディクテーションの効果的な教材

ディクテーションの効果的なやり方ができる教材

さて、ここまででディクテーションの良さがわかってもらえたと思います。

最後に、おすすめ教材を2冊紹介します。
ぜひ、どちらかでディクテーションの勉強を始めてください!自分に合えば、両方の教材を取り組みましょう。

TOEIC公式問題集

TOEIC公式問題集で、Part1~Part4までのすべてをディクテーションしましょう。
すべての文章、すべての質問文をディクテーションです。それと同時にシャドーイングもやりましょう。

私は、TOEIC公式本2冊(模試4回分)のディクテーションとシャドーイングで、リスニングパートを3か月で300点から440点へと押し上げました。それ以外の単語や文法勉強は、知らなければ調べる程度でした。

シャドーイングをすることで、英語の語順のまま理解できる力もついたのか、リーディングも点数がアップし、3か月で600点から830点に到達しました。

3か月、騙されて頑張ってみてください。800点までなら上がります。それ以上は知りません(だって、830点取って以降はTOEIC受験してないもん)

音読パッケージ

知らない単語も少なく、1題につき音声1分~1分半とちょうどいいです。また全部で40題あり、ボリュームとしては満足な1冊です。

唯一の注意点は、Program Oneの外国語学習法が難しいとウワサです。私はProgramOneから正面突破しましたが、挫折する可能性があるのでProgram Twoからがおすすめです。

まとめ

英語のディクテーションはやり方次第で効果抜群です。

徹底的に全文を全集中で聞き・一字一句書き取り、何が自分として聞き取れなかったを明確にしましょう。

そして、その聞き取れなかった単語をチェックしながら、聞き取れなかった原因を追究しましょう。

さらに、それを理解したうえで、シャドーイングを行うことで、発音の方法やリズムを覚えて弱点を1つずつ潰していきましょう。

地道な努力ですが、リスニング上達にはめっちゃ有能な勉強です。

もう1度言いますが、TOEIC公式問題集2冊(模試4回分)のディクテーションとシャドーイングで、私はリスニングパートを3か月で140点アップさせました。

もし、この記事を見て、実践して、TOEICの点数があがったら、ぜひコメントください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました