英語のシャドーイングはやり方次第で効果抜群!

英語のシャドーイングはやり方次第で効果抜群! リスニング
悩み人
悩み人

シャドーイングという勉強法が、英語のリスニングに効果あると聞いたのですが、やり方を知りたいです。

英語のシャドーイングはやり方次第で効果抜群です。

私はディクテーションとシャドーイングを組み合わせたおかげで、英語のリスニングが大幅に上達しました。具体的にはTOEICのリスニングパートが3か月で300点から440点まであがりました。

英語のシャドーイングはやり方次第で効果抜群!

そのおかげで仕事でも問題ないレベルの英会話力を身に着けることができました。

今回の記事では、効果的な英語のシャドーイングのやり方をお伝えしていきます。

この記事を最後まで読むと、あなたもリスニング上達間違いなし!

ててお
ててお

シャドーイングとは?

英語のシャドーイングはやり方次第で効果抜群!

英語のシャドーイングとは、英語を聞きながら、少しだけ遅れて音をマネして発音する英語勉強法です。

リスニング上達に効果的な勉強方法ですが、やり方としては下記のような感じで、音声より少し遅れて発音します。単語1,2個遅れが目安です。

英語のシャドーイングはやり方次第で効果抜群!

参考までに、シャドーイングの英語スペルは「shadowing」で動詞の「shadow」の現在分詞です。意味は「尾行する、影」などになります。

このシャドーイングですが、30代になるまで知らなかった私。やってみるとわかるのですが、英語の音声を追いかけて発音するのもなかなか大変です。舌がもつれてしまったり、うまく言えない単語があったり、さらには喉が渇きます。結構大変なのですが、そんなことがちっぽけなくらい有能な勉強方法です。

それでは早速、シャドーイングの効果を説明しつつ、私の体験をもとに、効果的なやり方もお伝えします。最後には、おすすめ教材も3冊紹介していますので、ぜひ、どれかでシャドーイングの勉強を始めてください!

シャドーイングの効果

英語のシャドーイングはやり方次第で効果抜群!

ここでは、シャドーイングの効果を2つ紹介します。

リスニングとスピーキングの力がアップする

シャドーイングの最大の効果は、やはりリスニング力がアップすることです。もっと具体的に言いますと、英語独特のリズムを身体で覚えられるので、リスニング力がアップします。

英語独特のリズムがわかるようになる

英語独特のリズムとは「音の強弱、連結、音の消失」が代表例です。
例えば、It’s an interesting story.という文章。おもろい話ですねという意味ですが、「イッツアン」と最初は聞こえず、「イッツァ」とanがほぼ消失しながら、しかも弱く発音されます。初見だとinteresting storyくらいしか聞き取れないと思います。

このように、数多くの文章をシャドーイングでマネして発音していくやり方で、音の変化を覚えていけます。

正しい英語の発音が身につく

さらには、正しい発音も身につきます。
例えば、「water」という単語。水を意味しますが、日本語英語にもなっているので「ウォーター」という認識ですよね。実は「ワラ」くらいのレベルでアメリカ英語は発音されます。(イギリス英語はウォーターに近い)

このように、知っている単語でも実際の発音から認識がズレている場合、シャドーイングで正しい発音やイントネーションを覚えられますので、リスニング力がアップします。

スピーキングの力もつく

シャドーイングで、音声の英語を同じ速度でイントネーションなどもマネして発声するので、ネイティブ並みとは言いませんが、英語独特のリズムのコツをつかんで英語が話せるようになります。

つまり、リスニング力アップを目指しているけど、スピーキングも上達するナイスな勉強法です。

リーディングの力もアップする

シャドーイングは、リスニング・スピーキングの上達だけでなく、リーディングの上達にもつながります。

なぜなら、内容を理解しようと努力しながらシャドーイングすると返り読みがなくなり、語順のまま理解できるようになるからです。

シャドーイングの効果的なやり方

シャドーイングの効果的なやり方

ここまでで、英語のシャドーイングの効果をお伝えしてきました。
英語の4技能のうち、リスニング・スピーキング・リーディングのレベルアップがはかれるので、最強の勉強方法です。独学で英語を勉強するならば、やらない手はありません。

では、「実際にシャドーイングの勉強を取り入れようと思うけど、効果的なやり方を教えておくれ」となりますよね。責任もってお伝えします。

先にディクテーションをすれば効果倍増

突然ディクテーションという言葉が出てきましたが、ディクテーションを知らない方は下記の記事を読んでみてください。一言でいうと、耳で聴いた英語をノートへ書き取る練習のことです。

英語のディクテーションはやり方次第で効果抜群!
効果的な英語のディクテーションのやり方をお伝えしていきます。私の例になりますが、ディクテーションのおかげで、英語のリスニングが大幅に上達しました。具体的にはTOEICのリスニングパートが3か月で300点から440点まであがり、そのおかげで仕事でも問題ないレベルの英会話力を身に着けることができました。

ディクテーションの効果は、自分が聞き取れなかった部分が明確になることです。

聞き取れなかった理由を考えながらシャドーイングをすると効果抜群です。ぜひ、ディクテーションで文章を書き取り、聞き取れなかった部分を把握した後に、シャドーイングを行ってください。効果倍増です。

シャドーイングのやり方の極意はモノマネをすること

先ほどのシャドーイングの効果のところで、音の強弱、連結、消失や正しい英語の発音を知ることを取り上げました。

ディクテーションで聞き取れなかった理由は、上記に当てはまることが、ほとんどです。これらを解消するために、英語独特のリズムを徹底してモノマネしてください。そうすればリズムを体感で覚えるし、発音も良くなります。

シャドーイングの効果的な教材

シャドーイングの効果的な教材

さて、ここまででシャドーイングの良さがわかってもらえたと思います。

最後に、おすすめ教材を3冊紹介します。ぜひ、シャドーイングの勉強を始めてください!
シャドーイング初心者におすすめはJJENGLISHエクササイズです。TOEICで高得点取りたい人は、TOEIC公式問題集です。

TOEIC公式問題集

TOEIC公式問題集で、Part1~Part4までのすべてをディクテーションとシャドーイングの両方をしましょう。

私は、TOEIC公式本2冊(模試4回分)のディクテーションとシャドーイングで、リスニングパートを3か月で300点から440点へと押し上げましたリーディングも同じ期間で90点アップしています。それ以外の単語や文法勉強は、知らなければ調べる程度でした。

3か月、騙されて頑張ってみてください。800点までなら上がります。それ以上は知りません(だって、830点取って以降はTOEIC受験してないもん)

JJENGLISHエクササイズ

英語のシャドーイングはやり方次第で効果抜群!

JJENGLISHエクササイズという教材、初めて聞く方も多いと思います。

教材のメインは音読(シャドーイング、オーバーラッピングなど)での勉強になります。音読でも目新しいパワー音読というやり方を提案しています。結構タフですが、勉強になります。

私が実際にJJEnglishエクササイズを勉強したレビューを以下の記事でまとめていますので、ご覧ください。

【JJEnglishエクササイズ】2か月の独学で英会話が上達 | 購入者の口コミも紹介
英語学習教材「JJEnglishエクササイズ」を使った感想と勉強法について紹介。英語が急に仕事で必要になり、短期間で英語が話せるようになる必要がある筆者。2か月真剣に勉強することで、日常生活には困らない英会話レベルへ到達。一部始終を公開。

音読パッケージ

知らない単語も少なく、1題につき音声1分~1分半とちょうどいいです。また全部で40題あり、ボリュームとしては満足な1冊です。

まとめ

英語のシャドーイングはやり方次第で効果抜群です。

リスニングだけでなく、スピーキングやリーディングのレベルアップもはかれます。

シャドーイングのやり方としては、英語独特のリズムを徹底してモノマネしてください。そうすればリズムを体感で覚えるし、発音も良くなります。

地道な努力ですが、リスニング・スピーキング・リーディング上達にはめっちゃ有能な勉強です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました