英会話でリスニング力をググッと上げる3つのコツ【上級者への仲間入り】

英会話でリスニング力をググッと上げる3つのコツ【上級者への仲間入り】 リスニング
悩み人
悩み人

英会話でのリスニングが苦手で、うまくコミュニケーションが取れません。コツはありますか?

英会話で思うように聞き取れなくて、悩んではいませんか?

以前の私も、全然英語が聞き取れなくて悩んでいました。耳が悪いのではないかとも疑いました。

ですが、インターネットで聞き取れない原因を調べ、自分のリスニング力に足りない部分を学んだことがキッカケで、リスニングのコツをつかみました。そのおかげで、英会話において問題なくコミュニケーションがとれるようになりました。

そこで、今回の記事では、リスニングが上達するコツをお伝えしていきます。

参考)私のプロフィール

英会話でリスニング力をググッと上げる3つのコツとは?

英会話でリスニング力をググッと上げる3つのコツとは?

リスニング力をググっと上げるために、最も大切なことはできるだけ毎日英語にふれることです。

すごく当たり前のことを書いてしまいましたが重要です。ですが、毎日英語をただ聞き流すだけでは意味がありません。これからお伝えする3つのコツをおさえながら、毎日英語にふれてみましょう。

1日でいきなりリスニング力がググっと伸びることはないですが、着実にリスニング力がアップしていきます。そうすると、英会話に自信が持てて楽しくなりますよ。

それでは3つのコツを順番に見ていきましょう。コツを紹介した後には、それぞれの勉強方法も紹介します。

英語のまま理解できる英文や英単語をストックしていく

英会話では、いろんな人が流れるようなスピードで話していきます。その1つ1つの会話について、音を聞き、意味を考えているとリスニングが間に合わず、会話から置いてけぼりになってしまいます。

私はこの壁にぶち当たりました。結論として、「英語のまま理解できる英文や英単語をストックしていく」ことで乗り越えられます。

例えば、以下の文章は日本語と同じ感覚で理解できると思います。
・My name is Teteo.
・Nice to meet you.

このように英語を英語のままで理解することで、意味を考えている時間をカットできます。すべての文章で実現することは不可能なので、できるだけ英語のまま理解できる英文や単語をストックすることで、意味を考える時間をカットしていきましょう。

英語の語順のままで理解できるようにする

英文を日本語へ訳すとき、主語+文章の後ろから訳すことになります。いわゆる「返り読み」なのですが、このクセがあると次から次へと英語が飛び交う英会話でリスニングができません。

以下の文章で検証しましょう。

I met him who lived in Osaka.

私は大阪に住んでいる彼と会った。

英文を日本語に訳した場合、①主語を先頭で訳したあと ②大阪で~と後ろから戻って ③最後は主語の横にある動詞にたどり着いて ④日本語訳が完了します。

英語の文章とその日本語訳を比べてわかると思いますが、英語と日本語の語順は全然ちがいます。また文章を見れば、上記の通り日本語訳はできます。ところが、英会話でのリスニングになると、英語の語順でドンドン進んでいきます。

つまり、返り読みによる日本語訳で理解しようとすると、ドンドン会話が進んでいって追いつけなくなり、英語が聞き取れない状況に陥ってしまうのです。

この状況を克服するコツは英語の語順のままで理解できるようにすることです。

I met him who lived in Osaka.

私は会った、彼と、住んでいる、大阪に。

こんな感じのブツ切り状態です。最初は気持ち悪いですが、慣れるまで訓練する感じですね。

あとはイメージして聞くのもいいですね。
”私は会った”絵を想像。”彼と”で彼がポンと追加される。”大阪に住んでいる”で関西弁丸出しの彼に変身。こんな感じで絵でイメージできると最初はいいかもしれません。

英語の独特なリズムを覚えていく

最後のコツになりますが、英語の独特なリズムを覚えていくことです。

簡単な例で検証しましょう。

I’ll get you some coffee.

意味は「コーヒーを入れてあげましょう」です。意味はさておき、この文章は英会話では①willの短縮形の’llがほとんど発音されない ②get youはゲットユーではなくゲッチューになるんです。

このように音の強弱や単語が連結して発音される独特なリズムがあります。日本語にはない現象ですね。

この壁にも私はぶち当たりました。結論として、「法則性を学ぶよりも、数をこなして覚えて慣れていけ」で乗り越えられます。出会ったリズムを自分の中でストックしてリスニングの実力を上げていくことがベストです。

英会話でリスニング力を上げる勉強方法

英会話でリスニング力を上げるコツ

英会話でリスニング力をググッと上げる3つのコツを紹介してきました。

コツは理解したけど、次は「どうやって勉強すればいいの?」という疑問がでてきます。ここでは英会話でリスニング力を上げる勉強方法を紹介します。

ディクテーションで聞き取れない単語を丸裸にする

ディクテーションとは、聞こえた英語音声を一言一句、聞こえたままにノートへ書き取っていく勉強方法です。

私がリスニング力を上げるのに最も効果的だった勉強方法でした。試したことがない人には、ぜひやってもらいたい勉強方法です。

ディクテーションの効果的なやり方やオススメ教材は、以下の記事で詳しくまとめていますので、ご覧ください。

英語のディクテーションはやり方次第で効果抜群!
効果的な英語のディクテーションのやり方をお伝えしていきます。私の例になりますが、ディクテーションのおかげで、英語のリスニングが大幅に上達しました。具体的にはTOEICのリスニングパートが3か月で300点から440点まであがり、そのおかげで仕事でも問題ないレベルの英会話力を身に着けることができました。

シャドーイングでリズムを身体で覚える

シャドーイングとは、音声が始まると少し遅れて、あなたが同じ文章を発音して追っていく学習法です。

シャドーイングでは音声をすぐに追いかけてマネするので、聞いた音を英語のまま理解する力に繋がります。また、音声のマネをすることが大事で、英語らしい発音やリズムも身につけられます。

シャドーイングの効果的なやり方やオススメ教材は、以下の記事で詳しくまとめていますので、ご覧ください。シャドーイングはリスニングだけでなく、スピーキングやリーディングのレベルアップにもつながる素晴らしい勉強方法です。

英語のシャドーイングはやり方次第で効果抜群!
効果的な英語のシャドーイングのやり方をお伝えしていきます。私の例になりますが、シャドーイングのおかげで、英語のリスニングが大幅に上達しました。具体的にはTOEICのリスニングパートが3か月で300点から440点まであがり、そのおかげで仕事でも問題ないレベルの英会話力を身に着けることができました。

以上の勉強方法を毎日コツコツ取り組んでいきましょう。絶対に英会話でリスニング力がググっとアップします!

まとめ

今回の記事では、英会話でリスニングが上達するコツとその勉強方法を紹介しました。

英会話でリスニング力をググッと上げる3つのコツ
1、英語のまま理解できる単語や英文をストックしていく
2、英語の語順のままで理解できるようにする
3、英語の独特なリズムを覚えていく

英会話でリスニング力を上げる勉強方法
1、ディクテーションで聞き取れない単語を丸裸にする
2、シャドーイングでリズムを身体で覚える

英会話で自信を持ってコミュニケーションができるようになるといいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました