音読パッケージのやり方 | 英語初心者こそ必見!リスニング勉強法

音読パッケージのやり方 | 英語初心者こそ必見!リスニング勉強法 リスニング

この記事はこんな方のお悩みを解決したいと思います。

音読パッケージで勉強しているけど、やり方が正しいか自信が持てないんです。

本記事の言いたいこと

ててお
ててお

私の提案する3か月計画通りに音読パッケージを勉強すれば、リスニングの実力がアップします。

参考)私のプロフィール

おすすめする理由

私が音読パッケージを3か月取り組んだ結果、英語のリスニング力が向上したからです。さらには英語のリスニング力向上を目的としているにもかかわらず、リーディングの実力アップにもつながったからです。

音読パッケージを始めるまでの私は、こんな状態でした。
・海外旅行中のホテルやレストランで話されても、わかりやすい単語しか聞き取れない。
・少し長く話されると、完全にフリーズしてしまう。
・結果、よくわからないけど笑顔でカバーしてればいけるでしょとなる。

(一応、こんな状況でもTOEICは当時550点)

そんな日本人にありがちな状態の私が、仕事で英語が必要になったので、いろんな教材を試して英語を猛勉強しました。

一方で、英語を話せても、そもそも英語が聞き取れないなら会話不成立という当たり前のことを、海外旅行中に認識させられてしまいました。そのためリスニングの勉強もスピーキングの勉強と並行して実施しました。

過去にさかのぼると、私は色々とリスニングの勉強をしました。その中でも1番効果が高かった勉強法は、音読パッケージでした。

前置きが長くなりましたが、本記事では音読パッケージの効果的なやり方をお伝えしていきます。

音読パッケージの効果的なやり方 3か月の勉強計画

ここでは、実際に私が実行した3か月の勉強計画を紹介しますので、マネしてリスニング力を強化しましょう。終えたときにはビックリするくらい英語が聞き取れるようになってますよ!

実際に使った本を紹介

音読パッケージのおすすめ教材の詳細は以下の記事でまとめています。

なぜ、音読パッケージは効果あるのか? | リスニング苦手な人集合
実際に音読パッケージを勉強した私が、得られた効果についてお伝えします。リスニングの実力アップだけでなく色んなプラスの効果があります。また、おすすめできる教材も紹介してます。

今回は「みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング」を使った3か月の勉強計画を紹介します。

音読パッケージの効果的なやり方 1か月目

私の場合、音読パッケージの勉強は自宅で行いました。

3か月の勉強期間、自宅での音読パッケージ勉強時間は240分/週です。
週3回 60分 + 週2回 30分の240分/週

実は音読パッケージの勉強方法について、教材の冒頭で丁寧に紹介してくれています。ですが、私は参考にしつつも独自の勉強法で進めました。

理由は2つです。

・テキストを見ないでリピーティングせよ → そもそも文を覚えきれない
・サイクル回しせよ → 文章を覚える必要はないと思ったので1周で終了

もしも私が上記2つの勉強方法をマジメに取り入れていたら、飽きて挫折している自信があります。

それでは独自の勉強方法で紹介します。

1つのセッションを以下の順番で勉強します。

1、ディクテーション 20分
2、答え合わせ、単語や文法のチェック 10分
3、オーバーラッピング 10分
4、シャドーイング 20分

これで1つのセッションが終了

1、ディクテーション 20分

何度でも音声を繰り返し再生してよいので、一言一句聞こえたままにノートへ書き取ってください。聞き取れないところは少し空白にしたりして何度も聞きます。

もうわからん!何回聴いてもわからん!とテキストやノートを投げたくなったり、発狂しそうになるまで音声を繰り返し再生してください。
(私は以前住んでいた賃貸の壁を蹴り飛ばして、少し穴開けてしまいました・・これはダメな例)

この瞬間にあなたのリスニングの実力がアップします。

2、答え合わせ、単語や文法のチェック 10分

先ほどのディクテーションで聞き取れなかったところの確認、あるいは知らない単語や文法のチェックをしてください。そして全体の文章の意味も把握してください。

私は聞き取れなかったところ=線引き、表現で初めて知ったところ=蛍光マーカーとしました。

音読パッケージの効果的なやり方

3、オーバーラッピング 10分

次にオーバーラッピングをおこないます。
オーバーラッピングとは、流れる英語音声と同時に発音していく学習法です。

例えば、上の写真の1文目を例に取り上げます。
下記のように音声と同時で発音する感じです。

音読パッケージの効果的なやり方

オーバーラッピングでは、英語らしい発音やリズムの習得、ネイティブの話すスピードに慣れることができます。

テキストを見て、10周くらいオーバーラッピングしましょう。

4、シャドーイング 20分

最後にシャドーイングをおこないます。
シャドーイングとは、音声が始まると少し遅れてあなたが同じ文章を発音して追っていく学習法です。

また写真の1文目を例に取り上げます。
下記の感じで音声より少し遅れて発音します。単語1,2個遅れが目安。

音読パッケージの効果的なやり方

シャドーイングでは音声をすぐに追いかけてマネするので、聞いた音を英語のまま理解する力に繋がります。また、オーバーラッピングと同じく英語らしい発音やリズムも身につけられます。

まずはテキストを見て、5周くらいシャドーイングしましょう。
慣れたら、次に文字を見ずに10周くらいシャドーイングを行うと、かなり負荷の高いトレーニングになります。

最初は慣れなかったり耳や脳が疲れることも経験上、理解できます。ですので、1つのセッションを私が割り振った時間に対して、2倍の2時間で1つのセッションを仕上げる感じで十分です。

いきなり全力ダッシュすると挫折の原因にもなります。スロースタートでOK!!

そうすると、1か月目には8セッションくらい終えていると思います。(全部で40セッション)

音読パッケージの効果的なやり方 2か月目 & 3か月目

勉強方法は基本変わりません。1か月目の時に記載した順番で、1つのセッションを勉強します。

1つのセッションを以下の順番で勉強します。

1、ディクテーション 20分
2、答え合わせ、単語や文法のチェック 10分
3、オーバーラッピング 10分
4、シャドーイング 20分

これで1つのセッションが終了

2か月目は慣れてくるので、1つのセッションを1時間で仕上げていきましょう。
そうすると2か月目で16セッション、3か月目で16セッション進み、8+16+16=40セッションと1冊仕上げたことになります。

音読パッケージの効果的なやり方

これで3か月終了!お疲れ様でした。
ここまでくれば、明らかに始める前よりも英語が聞き取れるようになってますよ!

音読パッケージで得られる3つの効果

ここまで音読パッケージの効果的なやり方と題して、3か月の勉強計画を紹介してきました。この3か月学習を終えた後に得られる3つの効果は以下の通りです。

・リスニングの実力アップ
・英語のリズム感を覚えられる
・英語の返り読みが激減

最後の「英語の返り読みが激減」なんかは、英語の文章を英語で理解できる(=英語の語順で理解できる)ようになるので、リーディング力の向上にもつながり速読できるようにもなります。

リスニング向上のつもりがリーディング力も向上していた!音読パッケージの嬉しいオマケ効果です!

おそらく実際に勉強を終えたときに実感できると思いますが、3つの効果の詳細は以下の記事でまとめています。

なぜ、音読パッケージは効果あるのか? | リスニング苦手な人集合
実際に音読パッケージを勉強した私が、得られた効果についてお伝えします。リスニングの実力アップだけでなく色んなプラスの効果があります。また、おすすめできる教材も紹介してます。

音読パッケージの気になる点

 教材が少ないこと
「ぐんぐん英語力がアップする音読パッケージトレーニング 中級レベル」と「もっともっと英語力がアップする音読パッケージトレーニング 上級レベル」が絶版になっているので、取り組める問題集が減っていることですね。(中古なら手に入りますが、価格注意!)

音読パッケージの口コミや評判

私は非常に役立ったのですが世間の反応は?

勉強内容としては非常に良いとのコメント、一方で同じことの繰り返しなので挫折しやすいというコメントも見受けられました。

英語学習は単調でコツコツが1番の近道ですが、飽きやすく挫折しやすいのも事実です。

まとめ

私の提案する3か月計画通りに音読パッケージを勉強してみてください。終えたときにはビックリするくらい英語が聞き取れるようになってますよ!

リーディング力も向上するオマケ付きです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました