レアジョブ・スピーキングテストの対策と攻略のコツ | 問題レベルは難しい

レアジョブ・スピーキングテストの対策と攻略のコツ | 問題レベルは難しいオンライン英会話

レアジョブの有料会員になると、スピーキングテスト「PROGOS」を無料で受けることができます。

  • ビジネスコース、中学・高校生コース会員:毎月2回まで受験無料
  • 日常英会話コース会員:毎月1回まで受験無料

PROGOSは、スピーキング能力をAIによる自動判定で測定してくれます。

ところが、問題レベルが難しいんです。

そこで、この記事では、スピーキングテスト「PROGOS」の特徴をおさらいするとともに、

テストが難しいと感じるレアジョブ受講生に向けて、対策と攻略のコツを解説します。

対策をすれば、ある程度の成績アップが見込まれます。

一方で、英会話レッスンばかりしてきた人は、アウトプット中心の勉強になっているので、インプット作業の自主学習が必要。

自主学習が必要と感じたら、以下の勉強方法が役立ちますので、参考にしてください。

筆者情報

筆者のプロフィール
ててお
ててお

目次をタップすれば、好きなところから読むことができます。

レアジョブの新スピーキングテストの特徴

レアジョブの新スピーキングテストの特徴

レアジョブは、株式会社プロゴスが開発した英語スピーキングテスト「PROGOS」を採用しています。

PROGOSは、2020年6月17日から開始した新スピーキングテストで、それまでは、RJSTというテストでした。

新スピーキングテスト(PROGOS)旧スピーキングテスト(RJST)
受講料金ビジネスコース、中学・高校生コース会員:毎月2回まで受験無料
日常英会話コース会員:毎月1回まで受験無料
2,980円(1回の受験料)
テスト方法自動音声テスト(対AI)自動音声テスト(対AI)
Skypeテスト(対講師)
質問内容大きく分けて5題大きく分けて6題
テスト時間20分20分
結果判明24時間以内数日後

新しいスピーキングテストになって

  • 料金が安くなったこと
  • 結果判明までの時間が短くなったこと

この2つが大きな変化となります。

次に、新スピーキングテスト PROGOSの7つの特徴を解説します。

特徴1:毎月無料でスピーキングテストが受けられる

引用:レアジョブ公式サイト

新スピーキングテストになって、料金が回数限定ですが無料になりました。

  • ビジネスコース、中学・高校生コース会員:毎月2回まで受験無料
  • 日常英会話コース会員:毎月1回まで受験無料

さきほどの表からわかるとおり、旧スピーキングテストだと、受験するたびに3,000円ほど費用がかかったので、お得になりました。

特徴2:予約不要で24時間テストが受けられる

PROGOSは、最新のAIを搭載してスピーキング力を自動で測定するシステム。

AIと会話するテストなので、24時間いつでもテストが受けられます。

ててお
ててお

予約も不要で、会員ページ右下にある「スピーキングテストチケットの取得はこちらから」というところをクリックし、チケットを取得すればOK。

特徴3:全5パートから構成、試験時間は20分

スピーキングテストの問題は、全5パートから構成されており、試験時間は20分です。

試験内容は以下の通りで、すべてAIによる自動音声でテストが進みます。

内容問題数回答時間テスト内容
Part1インタビュー10問各20秒一問一答
Part2文章を音読8問各10秒表示される文章を音読
Part3プレゼンテーション1問内容把握:40秒
回答時間:60秒
あるトピックスに関して回答
Part4グラフや図の説明1問内容把握:40秒
回答時間:60秒
グラフや図を理解して説明
Part5ロールプレイング1問内容把握:40秒
回答時間:各30秒
トピックスについて、AIと対話

Part3や4の問題は、ビジネス英語に特化しています。

私は30代後半なので、イメージがわきます。ですが、中学・高校生コースの方には、なじみがなくて難しいのではないかという印象です。

特徴4:結果は国際標準規格のCEFRによる判定

結果は国際標準企画のCEFRによる判定
引用:株式会社PROGOS

「仕事で使えるスピーキング力」を国際基準CEFRに基づいて測定します。

「CEFR(セファール)」とは

語学のコミュニケーション能力をレベル別に示した国際標準規格のこと。ヨーロッパを中心に世界中で利用されている指標。

また、総合評価だけでなく、以下の6つの項目でも、CEFR基準で評価してくれます。

  • Range(表現の幅)
  • Accuracy(正確さ)
  • Fluency(流暢さ)
  • Interaction(やりとり)
  • Coherence(一貫性)
  • Phonology(音韻)

特徴5:AIによる自動採点、24時間以内に結果が返ってくる

AIによる自動採点、24時間以内に結果が返ってくる
引用:株式会社PROGOS

公式には24時間以内に結果を通知といってます。しかし、同僚が受験した時は、30分ほどで結果が返ってきたとのこと。

以前は講師が採点していたので、数日かかっていましたが、新スピーキングテストはAIが自動で採点します。

そのため早ければ数分、遅くとも24時間以内に結果がわかります。

特徴6:フィードバックがもらえる

フィードバックがもらえる
引用:レアジョブ公式サイト

総合評価や先ほどの6つの項目に対して、それぞれCFER基準の評価とともに、細かいアドバイスが書かれています。

新スピーキングテストを月に1回以上受けていけば、今の現状や過去からの成長を客観的にみつめられるので、モチベーションの維持・向上にもつながります。

何よりも、英語学習の方針が明確になります。

特徴7:PCだけでなく、スマホからもテストが受けられる

PCだけでなく、スマホからもテストが受けられる

パソコンだけでなく、スマホ(iOS, Android)でもスピーキングテストが受けられます。

今は、家に1台パソコンの時代ではありません。1人1台スマホの時代です。スマホでの対応は、ありがたいですね。

【OS】

  • Windows(Windows8.1以上を推奨)
  • Mac(MacOS X 10.14以上を推奨)
  • Android OS(6以上)
  • iOS(12以上)
  • iPadOS(12以上)
  • ChromeOS・FireOSは対象外

【ブラウザ】

  • Google Chrome(モバイル版含む) 
  • Mozilla Firefox(モバイル版含む) 
  • Safari(モバイル版含む)
  • Microsoft Edge
  • Internet Explorerは非対応

レアジョブのスピーキングテスト | 対策と攻略のコツ

レアジョブのスピーキングテスト | 対策と攻略のコツ

新スピーキングテストの問題レベルは難しいです。

私の同僚が初回テストを受けたときは、CFERでA2、レアジョブレベルで4でした。

国際標準企画のCEFR
ててお
ててお

普段の実力をみていると、レベル5,6はありそうだったのですが。

普段からの英会話レッスンで、実力をアップさせることは大事です。

しかし、良い成績を取るには、試験前に各パートの対策と攻略のコツをつかむことも重要になってきます。

Part1の対策と攻略のコツ

Part1の対策と攻略のコツをまとめました。

テスト内容・一問一答形式で、合計10問
・回答時間は各20秒
・後半になるにつれて、機械音声のスピードが早くなる傾向
対策・自分の考えを瞬時に説明できる英語脳を鍛える
・正しい文法で回答できることを心がける
コツ・自分の得意な英文法を使って表現する
・難しい単語はあえて使わなくてもよい

・20秒は思ったより長いので、言いたいことは全部言い切る
・聞き取れなかった場合、意味を推測して回答する

Part2の対策と攻略のコツ

Part2の対策と攻略のコツをまとめました。

テスト内容・短い英文を音読
・問題数は8問
対策・普段から文章を音読するクセをつけておく
・シャドーイングやリピーティングで発音の練習をしておく
コツ・なるべく大きな声ではっきり発音する
・ネイティブっぽくを意識しすぎず、普段の発音で挑戦する
・アクセントに意識して強弱をしっかりつけて発音する

Part3の対策と攻略のコツ

Part3の対策と攻略のコツをまとめました。

テスト内容・ビジネスに関する質問が1問
・準備時間は40秒。回答は60秒
・3つ条件が指定され、それらに触れて回答する
対策・40秒で準備するので、瞬間的に英作文ができるようにする
コツ・3つの条件は余裕があればメモする
・結論 → 理由 → 具体例 → 結論のPREP方式で説明できるとベスト
・60秒の回答時間は思ったより長いので、たくさん話すくらいがちょうど良い

Part4の対策と攻略のコツ

Part4の対策と攻略のコツをまとめました。

テスト内容・グラフや図を使った説明問題が1問
・準備時間は40秒。回答は60秒
・ビジネス色が強い。
対策・普段のレッスンから、グラフや図を読み取れる訓練をする
・比較関連の文法を使うので、マスターしておく
コツ・年度や数字の表現方法を積極的に使う
・比較級と最上級を使う
・増えた、減った、何倍になったなどの表現を使う

Part5の対策と攻略のコツ

Part5の対策と攻略のコツをまとめました。

テスト内容・AIとロールプレイングで英会話
対策・レアジョブで数多くレッスンを受けること
・聴き取れないと会話できないので、リスニングの勉強をすること
コツ1. レッスンを受けること
2. 瞬間的に英語が話せるように自主学習
3. リスニング力をあげるべく自主学習

ここまでで、対策と攻略のコツを各Partごとに紹介しました。対策をすれば、テストの結果も上がってきます。

また、レアジョブでオンラインレッスンを継続して受けることでも、結果につながります。

しかし、Part5のコツに書いたとおり、さらに英会話のレベルアップを加速させるには、自主学習も必要です。

英会話を上達させるには、インプット:アウトプット = 9:1と言われています。

つまり、自主学習:英会話レッスン = 9:1の比率で勉強するのが、黄金比です。

参考記事:英会話教室トライズ公式サイト

ててお
ててお

皆さんが思うより、自主学習の比率は高いです。

  • 英会話レッスンを受けているけど、実力が頭打ちしてきたと感じる
  • 毎日レッスンを受けているけど、少しマンネリ
  • 英会話レッスンばかりのアウトプット勉強法の人

当てはまる人は、自主学習を多く取り入れてみると、英会話のレベルがあがりますよ。

スピーキングが苦手と感じれば、瞬間英作文がおすすめ。

>>参考記事:【2021年最新】瞬間英作文のおすすめ教材 |2冊だけでOK

また、そもそも相手の言うことがうまく聞き取れない場合もあります。

リスニングを強化しようと感じれば、Amazonオーディブルがおすすめ。

なぜなら、Amazonオーディブルには、リスニング速度の調整機能があり、0.5倍~3倍まで調整できます。

たとえば、リスニングの速度をあげて、本番に聞こえる英語のスピードを体感上、遅く感じさせる方法があります。

ててお
ててお

TOEICの本番数日前にも、私はこの方法を使ってます。おかげで当日の英語が遅く聞こえるので、リスニングがすごく楽になります。

悩み人
悩み人

ドラゴンボールで言う重力100倍トレーニングみたいなものですね。

>>Amazonオーディブルを申し込む(初月30日間無料キャンペーン中)

>>参考記事:オーディブル(Audible)で英語学習 | 初心者におすすめな洋書も紹介

無料体験は、いつ終了するかわからないので、お早めに。

30日間の無料トライアル中は一切料金がかかりません。

スピーキングテストの結果【6ヶ月受けた同僚の体験談】

スピーキングテストの結果【6ヶ月受けた同僚の体験談】

実際に同僚が6ヶ月レアジョブへ通いました。

当然ながらその際にスピーキングテストは何回か受けました。

>>【体験談】レアジョブを6ヶ月続けた効果 | 口コミや評判もあり

最後に受けたスピーキングテストの結果を自慢としてLINEでもらっていたので、本人の了解を得て、ここに紹介します。

スピーキングテストの結果

感想としては、初回にスピーキングテストを受けたとき、レベル4でショックだったとのこと。

ててお
ててお

初回だったので、システムへの不慣れもあったとは思います。

それでも6ヶ月レッスンを受けると、英会話には慣れてきて、実際のテストでも成長を感じられたのは、嬉しかったとのこと。

今後は、表現の幅や文法、単語の正確さが課題なので、これからも改善に取り組むそうです。

結論:レアジョブのスピーキングテストは自分のレベルチェックに最適

結論:レアジョブのスピーキングテストは自分のレベルチェックに最適

この記事では、レアジョブの新スピーキングテスト「PROGOS」の対策と攻略のコツを中心に説明しました。

また、同僚が実際にスピーキングテストを受けた時の結果や感想についてもお伝えしました。

定期的にテストを受けることで、現在の実力がわかるので、月に1回は受けましょう。

この記事の対策が役に立つことを祈っております。

自主学習が必要と感じたら、以下の勉強方法が役立ちます。

初心者にもっともオススメなオンライン英会話サービスはDMM英会話

DMM英会話は、初心者に最適なサービスです。
・無料体験がある
・無料体験で日本人講師の方からレッスンを受けられる
・24時間レッスンが受講でき、予約もしやすい

すぐに試したい方は、以下のリンクから無料体験が受けられます。

\25分の無料体験が2回も受けられる/

DMM英会話の無料体験に申し込む

ボタンをクリックするとDMM英会話の公式HPに移動します。
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに。

オンライン英会話
Teteo English Blog
タイトルとURLをコピーしました